ケノン 男性 効果アリ?購入後に後悔しないように。

ケノンは男性にも効果があるのか?

結論から言うと、男性にも効果が大いに見込めます(100%という訳ではありませんので悪しからず)。ケノンの4割以上の購入者が男性という事実からも、男性に効果のある脱毛法であることが伺えます。

ヒゲや剛毛専用の協力な「ストロングカートリッジ」があるから大丈夫

男性に対する効果を心配する理由としては、女性よりも毛深いだとか剛毛であるとかいった事があげられるでしょうが、ケノンには男性の使用も想定した「ストロングカートリッジ」というオプションパーツがが用意されています。これは女性もVラインなどガンコな部位の処理に使う、照射力の強力なカートリッジになります。


ケノンを購入する男性は年々増加傾向にある

女性の男性に対する価値観の変化で、「男らしい」「ワイルド」の象徴であるヒゲや毛深さよりも女性並みに処理されたスベスベな肌を求める女性が増えている、といった背景があります。またビジネスパーソンの身だしなみに対する意識の向上も、男性市場を押し上げていると考えられます。


実際に購入した男性の口コミ


「ヒゲ用に購入し、2カ月ほど使用しました。まだ濃い部分もありますが、青ひげみたいな感じはなくなりました。以前から手で抜いていて元々薄かったカ所はもう生えてこないです。レベル10オンリーで使っていますが、肌の弱い部分でも特に問題は起こっていません。」スケゾウさん・32歳


「とにかくすごいのひと言です。髭に使用してますが、3回目に突入したあたりから明らかに伸びるペースが遅くなっています d(* ̄o ̄) 」ichiiさん・26歳


「価格がネックでだいぶ悩みましたが買って良かったと思います。2回目でかなりきれいになっています(すね毛)。面倒がらずに周期で続けていけば生足でスカートが履けると思います。」ヒマワリさん・32歳


知らないと怖いと思うので…ケノンの仕組み

ケノンの脱毛方式は、非常に強い光を照射することで脱毛効果を得る「フラッシュ脱毛」に分類されます。

なぜ光を照射すると毛が抜けるのか?というと、これは小学校の理科の実験を思い出してもらうと分かりやすいです。

太陽の光を虫眼鏡で集めて黒い紙を焦がすヤツですね。これは「黒」という色が熱エネルギーを吸収しやすい性質を使った実験ですが、ケノンも同じ原理を使っています。

ケノンから照射された強い光は黒い体毛に当たると熱エネルギーとなって毛根に届きます。そしてこの熱エネルギーによってタンパク変性が起こり毛根が破壊される、という仕組みですね。

ちなみに毛根が破壊されてすぐに抜け落ちるわけでは無く、個人差などもありますがだいたい1〜2週間程度で自然に抜け落ちる感じです。

一度毛根が破壊されても毛穴の底にある「毛母細胞」は徐々にダメージから回復してまた新しい毛を作り始めますが、以前よりは細く弱々しい毛です。処理を複数回くり返すことで、毛母細胞の再生力も弱まっていきます

どんな風にやる?ケノンの使い方

ケノンを初めて使う人には、使い方が全くイメージできないと思いますので、ここではざっくりと脱毛の流れをまとめてみたいと思います。気を付けるポイントはありますが、難しいという事はないです。

大まかには、「事前準備」→「照射」→「事後のスキンケア」といった流れです。


事前準備その1

カミソリなどで予め処理したい部分の余分な体毛を処理しておきます。ムダ毛が長すぎると、ケノンの処理効率が落ちてしまうからです。かと言って、事前準備でツルツルにしてしまっても処理効率が落ちるので、1ミリくらい黒い毛が残るような感じで処理します。前日に準備しておくのも良い方法です。


事前準備その2

処理の直前に照射する部位を付属の保冷剤で冷やします。安全なレベルとは言え肌に多少の熱エネルギーの負荷がかかるので、肌への負担を最小限にとどめるためです。


照射(フラッシュ)

本体でモードやレベルを選択して照射します。


事後のスキンケア

事前準備と同じく、照射後も保冷剤で冷やします。照射により多少の熱を帯びた肌を鎮静化させてあげます。



流れとしては、こんな感じですね。

ポイントとしては、事前準備の毛の残し具合(効率よく熱エネルギーを毛根に届ける)と、保冷剤による部位の冷却(肌への負担や痛みを軽減)です。

「痛いのか?」と恐怖を覚える人もいると思いますが、そこまで恐れる様な痛みではないのでご安心ください。

ケノンは痛むのか?

ケノンの脱毛処理は痛むのか?これは初めて経験する人なら気になるポイントですよね。

実際の経験者の口コミをいくつか見ると参考になると思います。


「最初は少し痛く感じます。ですが付属している保冷剤を当ててから照射するとぜんぜん痛くならないです。」

「レベル9の照射を試してみましたが、思っていたほど(ほとんど)痛みは無かったです。むしろ保冷剤の冷たさの方が気になったほど。次はレベル10を試してみる予定です。」


「保冷剤でちゃんと冷やさないと結構熱いです。十分冷やしてからやれば全く痛みは感じません。」

「カミソリ負けするのがいやで買ったおじさんです。マックスで照射すると多少痛いですが、まぁガマンできる範囲です。」

「レベル5からスタートしてすぐに10まで上げました。チクっとして焦げ臭い感じはありますが、痛みはほぼナシです。」

「レーザー脱毛より痛くないです。」

「ストロングカートリッジのレベル10はそこそこ痛いですw でも広範囲に一度に出来るは良いです。」



個人差はあるようですが、付属の保冷剤でしっかり冷やしてやることで痛みが軽減できるというのは共通していますね。

ケノンは永久脱毛的な効果はあるのか?

永久脱毛は医療機関しかできない

定義的な話をすると、永久脱毛というのは「最後の脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」となり、医療機関でのみ施術が可能な医療行為という事になります。医療機関では強い出力の照射をすることができるため、毛根の深い部分までダメージを与えて毛の量を確実に減らしていくことが可能です。

これに対して、自宅用脱毛器のケノンや医療脱毛以外の脱毛エステなどはそこまで強い光を照射することができません。あくまでもムダ毛の自己処理頻度を少なくしたりムダ毛を目立たせなくするのが目的ということですね。


ただしこれも程度問題というところもあり、光の照射でほとんどムダ毛が生えなくなったというケースも存在するようです。


基本的には、家庭用脱毛器は日々のムダ毛処理の頻度を少なくするために継続して行っていくものと認識しておけば間違いないでしょう。


ケノンの購入方法

ケノンはどこで購入するのが良いのかも気になるところですね。

まず、ケノンの流通元はすべて販売会社の「エムロック」になり、家電量販店などへの流通はさせていません。つまり通販限定の商品になります。

あとはどのオンラインショップが良いかですが、基本的にケノンは楽天で買おうがAmazonで買おうが公式サイトで買おうが、値段は横並びの6,9800円(送料無料)で管理されています。

個人的には、公式サイト「本体同時購入限定スペシャルプライス」でストロングカートリッジが3,800円も割引になるのは魅力的だと思います。ただし、本体同時購入限定の1回限りの値段になるので注意が必要です。

男性がヒゲ用途で購入するのであれば、初めからストロングカートリッジを購入しておいて損は無いかもしれません。

まとめ

ケノンはムダ毛や剛毛のセルフケアとしては非常に高い効果を期待できる家庭用の脱毛器です。

ムダ毛や剛毛に悩んではいるが脱毛サロンに行くのに抵抗がある男性にとって、家庭用脱毛器はほぼ唯一の選択肢になると思います。

圧倒的なな販売実績もありますので、思い切って購入を検討してみてはいかがでしょうか?


 

サイトマップ